Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴乃花親方理事当選と朝青龍問題

奇しくも同時期に各界の爆弾である二大問題が炸裂した。いや、新理事の当選は朝青龍問題を受けての、各界親方衆の心の叫びかもしれない。

貴乃花は現役時代から大変「輝く星の下に生まれた」存在だった。数々の最年少記録を塗り替えた。横綱昇進の最年少だけは北の湖、大鵬に及ばなかったものの、なんといっても光るのは最年少幕内優勝であろう。そしてその賜杯をその場所後に勇退する伯父の二子山親方(元横綱初代若乃花)が手渡した。その後も輝かしい活躍を残したが、若い頃から強い力士に良くあるパターンの、病気と怪我に悩み、大鵬や千代の富士の優勝回数を軽く上回ると言われた期待を裏切った。そして、今回の理事選であるが、一門の離脱をした親方が居るという見方の一方で、私はどうしても先代の貴乃花が築いた「友情」を無視しては語れない。現役時代から貴乃花には三人の親友が居た。輪島、旭国、三重ノ海である。輪島は各界を去ってしまった。もし残っていれば今頃は大卒エリートとして「名物理事長」だったのではないか。そして、先代貴乃花は、前理事長の北の湖親方と理事長選で戦ったが、実はこの時に、「一門の壁」から武蔵川(三重ノ海)、大島(旭国)は、北の湖を応援せざるを得なかった。結局、その後二子山親方は突然の逝去。実は、この時のふたりの無念さが今回、この理事選を大きく左右したのだというのが私の見方である。まず武蔵川理事長のコメントは、貴乃花親方の動向を始終心配した発言であることが想定できる。親友の息子として無理をしてはいけないという忠告に聞こえた。そして、開票。まさかの票が流れたが、もし立浪一門の離脱だとしたら、人望もある立浪の長、大島親方より、友綱親方の票が割れるのではないか? 自分の票を貴乃花に回したと思われる。同じく魁傑の票(これは二所一門だから然程驚きはないが)が流れたのも、「一門の壁」として、もし、貴乃花親方が理事戦に敗れても、確定7票プラスアルファがあったという余裕であろう。なにしろ、その前に辞退したのは元横綱隆の里、初代二子山親方の愛弟子中の愛弟子だ。先代貴乃花の七光りは他界しても尚輝いているというのが実際だといえないか。

勿論、朝青龍問題が、この理事選にも影響したのは言うまでもない。何しろ貴乃花は理事の中では唯一、渦中の朝青龍とは現役で対戦経験がある(しかも同期で同年齢の魁皇は未だ現役)。この朝青龍裁定に最も適した人物とも言えよう。協会がこの問題をどう裁定するかはともかくとして、個人的には、当然朝青龍は廃業。そして高砂親方(元大関朝汐)も懲戒である。この問題に関しては、次の理事長の呼び声高い九重親方(元横綱千代の富士)がこれまでも障壁になって来た。九重親方は現役中に人気はあったが、各界では大横綱を鼻にかけている振る舞いが多く親方衆や理事からは嫌われているが(北の湖親方の失脚も彼が仕組んだという説がある)、貴乃花親方とはそれこそ一門の派閥を超えた繋がりが親子に渡って出来上がっていて、その辺りのバランス感覚もあるからこの問題は貴乃花が性急に動くことは考えられない。

いずれにしても貴乃花親方だけでなく、彼を取り巻く親方衆が中心となって今後の相撲界を再構築するのし必定で、そう考えると、沈みかけていた各界の人気を若貴ブームで盛り返した時と同じ面子がこれからも主導権を握るという点では、なんと元大関貴乃花・先代二子山親方の功績というのは輝かしいのであろうかと称賛に値する。
スポンサーサイト

中川昭一元財政・金融大臣突然の逝去~保守自民党唯一の良心が失われた日~

大変、ショックなニュースだった。先の衆院選でまさかの落選。比例でも掬われなかった以来ひっそりと成りを潜めてしまったので気掛かりだった。というのも中川昭一氏は、自民党に残された唯一の良識、いや、良心であった。もし、落選せずに残っていたら(というか幾ら朦朧会見があったからといって、これまでの氏の功績を考えたら落選させた選挙民の良識とマスコミの過剰報道を疑うと同時に、氏が落選するほどの大変な選挙だったのだ)先日の自民の党首選もあんなお粗末なものにならなかった。中川氏がいれば、石破氏辺りとの連携でまともな候補も立てられたし、又は、平沼氏との連携で党外からの揺さぶりもかけられ、少なくとも、捨て石と気違いと無名尻尾振りのくっだらない党首選にはならなかった。自民党は野党になると関心が薄いと嘆いていたが関心が薄いのは野党になったからでなく、候補者に魅力がないからで、もし、石破、石原の前回組に舛添が入っていたら国民も関心を持ち、マスコミも大きく取り上げた。そして、誰も動かないから谷垣なんぞにまるで敗戦後の殿軍の将みたいなことを(この捨て石発言は、誰に何を求めて言ってるの。こんなことをぬけぬけとまだ言っているし、それを許しているのだから自民党は本当に分かってない。しかも党首が決まってもうすでに何日も立つのに先の選挙の総括すらしていない。まったく、明日からの日本の政治にはいらない人だ)言われ、悔し紛れに気違いが出てきて(若手が結束するのは良いことだが何故その代表がこの人なの? 鳩山家と違い、三代に渡って自民党のお荷物なのに…、話を聞いてたって論旨も日本語も滅茶苦茶、容姿も…、それは関係ないけど国民が安心できるものではない)国民の信頼は愚か興味すら失わせた。

この党首選でも分かるように自民党の一番いけないところは、政治と国民は関係ない、国民や野党なんぞに政治なんか分かるもんか、有能な官僚を俺たちだから抑えられるんだぞ、アメリカや中国の要望にオレたちだから対応できるんだぞ、そんなことを出来るのは、自民党だけなんだぞ、という、(事実ではあるが)決して奢り高ぶっているだけではないのだが、妙な自信と安心感。だから、今、民主党にやりたい放題やらしといても、次の臨時国会でコテンパンにしてやるぞという完全な勘違い。これが自民党を支えて来た。

中川氏は、東大卒業後興銀に入り、父、中川一郎氏という自民党にあって野武士のような強者政治家の自殺に伴い、地盤を継いだ。頭脳明晰、政策通、人脈も多岐に渡る一方で派閥には属さず、小泉総理に対しても経産相大臣時代、政策を譲らなかった経緯もあり、平沼氏との関係もしばしば取りざたされた。2度の農林水産相に政調会長も経て、麻生内閣では専門の財政・金融相になったが、例のG7での朦朧会見があったが、あれこそ嵌められた事実でその黒幕はまだ判明していない。とにかくこの年齢でこれだけの閣僚経験のある政治家は至って稀だ。一方で日本人が見てみぬ振りをしていた、靖国問題と拉致問題、さらに憲法問題には、早くから持論を展開し、解決や対策には党の内外を問わず奔走するところは、北海のヒグマと言われた、父、中川一郎氏譲りの豪快なところもあり、かといって、父のように敵は多くなく、寧ろ万人に好かれるタイプであり、まさに、これからの新生自民党には必要不可欠な存在だった。

こういっては失礼だが、政治家の死というのは、例えば現役を退いてからも長く生き永らえ、勲等も高くなり大往生とかいうと感慨も深いが現役の働き手は余りピンと来ない。何故なら、落選は死と同じような意味もあるからだが、取り分け新井将敬氏以来、とてもショックな出来事である。

氏の生前の功績を讃えご冥福をお祈りすると同時に、可能であれば、自民党は氏の志を継いで一日も早く新生自民党を打ち出して欲しい。


2016年五輪はリオで

IOC総会で、2016年五輪に立候補していた東京は決戦投票にも残れず惨敗だった。

石原都知事はプレゼンテーションは完璧だったというが、それで敗けたということは、それ以外に不十分な要素が沢山あったということで、その点は、次に活かす云々以前にきちんと議会で釈明して欲しい。なにしろ150億円(実際には献金があるからもっと多い)の都民の税金を使っているのだから、マスコミを通じて国民にメッセージを送るという姑息な手段ではなく、都知事として都議会で総括して欲しい。

大体、今回の東京招致は最初から中途半端であった。選挙公約という訳でもなく所謂、石原ブレーンの中で勝手に盛り上がり、東京でも23区に特別広報予算(といっても中途半端な金額)が設けられたが、実際に施行したところは僅かで成果のあるものはひとつもなかったり、事前対策として始めた東京マラソンはコース設定も運営体制も滅茶苦茶で、過去3回何れも交通ロスばかりで経済効果を生んでいない。こういう現状を突きつけられて、都民の誰が五輪の誘致に賛成するか? 良識のある人は賛同はしない筈だ。

しかも、石原知事は、途中から「これは、東京だけでなく日本全体の問題だ」とお得意の議論の摩り替え。都民のコンセンサスを得られていない証になった。
最後は、鳩山総理まで、わざわざコペンハーゲン迄恥をかきにいった。やはり、かれは運命には選ばれない星の元にあるらしい。というかシカゴと同じ様に一国の総理が訴えかけたくらいで、投票結果に影響するほど、今のIOCは単純ではない。この総会以前に沢山のデータを分析し、言わば最終弁論みたいなものだ。

東京はコンパクトでエコな大会運営を打ち出したらしいが、まず、コンパクトという内容より概念から得るものが五輪のなすべき世界的な役割を小さくしてしまう印象を植え付けた事は間違いない。又、エコロジーに対しては、エコな施設の殆んどをこれから作るというのは説得力に欠ける。せめて既にそういう施設が半分以上あって、だから実現可能だと言わないと、全く説得力に欠ける。そして、少なくとも今出した3つの要素をどのようにプレゼンしたのか、本当の事を言ったらちっとも完璧なプレゼンでは無いし、ようするに初めから力不足だった。

でも、今回、一番足りなかったのは民意。でも、仕方ないか、この国の国民は石原曰く「民度の低い」輩なのだから。


鳩山内閣 閣僚に格差

相変わらず亀井大臣は発言に一貫性がない。まぁ、この内閣が出来た時からの火種だと分かりきっていたのだから、発言の如何はこの際どうでも良いが、それによる被害を被ることは大臣として予測できないのは完全な落ち度である。

というのは、例のJAL問題に関しての前原国交相の対応は早かった。だが、JALへの対応は前政権でもある程度予想されていた事で、逆にいえば今回の市場や企業間の敏感な反応は、前原氏の影響力が反映しているという証である。又、一大臣として発言のタイミングも早く、今までの自民大臣ならまだ事務次官の原稿チェック待ちだろう。

一方で歯切れが悪いのが長妻厚労相。明日から施行される出産時一時金の対応に大臣として早くも「現場のせい」にしているが、正体見たり、化けの皮が剥がれたといったところ。世間ではミスター年金の知名度しかないが、彼はそもそも日経ビジネスの記者であるが当時の存在感は薄く、年金はどうか知らないが厚生に関しては全くの素人。まさか、国会でやりあった前大臣時代に通した法案って忘れた訳じゃああるまいし。元マスコミだから責任転嫁も議論摩り替えもお手の物。もう、信頼性が無くなっただろうね。本当に引き継ぎをしているのか。これだから大臣就任の際前代未聞の拍手無しは分かるし、多分、今後も、トップがこんな低レベルの人間では、官僚も従わないだろうね。自ら厚労大臣に手を上げたらしいが、年金担当相だけに格下げして、経験と実績のある菅副総理がこの際厚労のポストも兼ねた方がいいんじゃないか?

兎に角、この二人の責任感の格差が如実に出てしまった。

亀井なんて、連立の絡みでいざとなったら切ってしまえば良いが、長妻は、浅はかな国民には今内閣の切札だと勘違いされているから大変。後々への火種を抱えたね。インフルエンザでもこんなタラタラ責任転嫁だと本当に人の生死に絡み冗談ではすまなくなるぞ。

鳩山内閣は、この際閣僚の格差を是正するべきだ。これは早い方が良い。

石田純一婚約会見

どうもこの石田というのは釈然としない。なんというか男の軟弱な部分をすべて露呈することを男の美学としてそれを売り物にしている薄っぺらな偽物だと思う。おとななんだし、男女のことだから色々あるのは、芸能人も一般人も、このエセセレブ人も同じだから、そんなつまらない事をいってるんじゃない。

第一、石田って、現在何をして禄を食んでいるのか?つまりは男って、そういう活力みたいな輝きが外に出てこない奴は魅力がない。一緒にして申し訳無いが、高相とか押尾も同じで、あいつら何して食ってるの?だいたい石田は松原千明に棄てられた時点で終わった。失礼かもしれないが、長谷川理恵にしたって東尾理子にしたって、その道では三流だ。石田も偽物宮様の会に呼ばれた三流セレブだから同じ穴の貉なんだろうが。

それにしても会見の発言は情けなかった。

特に、東尾修氏に対して、「誠心誠意説明する」ってそうじゃないだろう。
私も娘が二人いるが、嫁の父が一番欲しい言葉って、「誠心誠意、理子さんを幸せにする」んじゃあないの?
多分、そういう気概や決意がないから、同じ事を繰り返すんじゃないか。石田の「人生のフェアウェイ」って結婚離婚を繰り返し、その間に浮気もすることじゃあないのか?

大体、最近話題にならないが山積していた借金話はどうなったんだろう。


二匹めのドジョウは居ない~鳩山総理の大相撲表彰~

外交から帰って間もなくだったのであろうか、鳩山首相が大相撲優勝力士の表彰式に現れた。

この光景に誰もが思い出しただろう、小泉元総理の貴乃花への内閣総理大臣盃授与の場面であろう。

あの、賞状を読んだ後、「痛みに耐えて良く頑張った、おめでとう」には、日本中が感動し、少し落ちかけていた内閣支持率が一気に上がり、その後、小泉内閣は安定政権を維持したと言える。言い方は悪いが、小泉氏は、大横綱の人気にあやかったのであるが、しかし、それが許されるというキャラであったということと、なんといっても最大の効果は、生放送で全国に放送されたこと。しかも、人気横綱の復活劇に花を添えたのだからコイズミ人気も上がる訳だ。

勿論、本人はその積もりではないのだろうが、鳩山総理が現れた時、殆んど人があの光景をダブらせていたに違いないが、残念ながら運命は鳩山総理に味方しなかった。

白鵬が本割りで朝青龍を下し優勝決定戦へ。この時点で既にテレビ中継に総理大臣表彰は間に合わない。直後のニュースには流れたが「今日は朝青龍関の誕生日と聞いております」というなんという中途半端で理知的でないコメント。即座に思い出したのが、8年前の小渕総理との党首討論の冒頭「朝食に冷めたピザを食べて来た」というアホなコメント。この人はアドリブはきくが、前もって用意したコメントには、ウィットに富んだものが少ない。

まだ、「友愛の盃であります」とかなんとか言っていた方が恥をかかなかったのではと思う。

鳩山総理が外交中、各大臣(特に前原国交相)は、東奔西走の活躍振りだった。帰国して真っ先にやることは優勝力士の表彰ではないんじゃないかと思うのだが。

いずれにしても、小泉氏の時のようなドジョウはいなかった。アメリカ的にいえば、「鳩山は運命に選ばれなかった」のである。


新生朝青龍が賜杯

大相撲秋場所は、両横綱が決して体調が万全で無い中、それでも結局はこの二人の決戦になった。

まず白鵬は序盤戦は先場所の受けて立つ相撲から一転、積極的に攻め、万全であったが翔天浪戦でまさかの不覚を取ってからは相撲が小さくなりハラハラさせる場面が多かった。長年観戦しているが相撲とは面白いもので、あの一戦以降、白鵬の相撲はまるで自身の大関、いや関脇時代のように小さくなってしまった。しかし、それでもひとつだけ違うのが、土俵上での落ち着きである。左肘の怪我は予想以上に酷いのだろうか殆んど差しに行かず、結果相手力士につけいる隙を与えているが、どういう情況になっても白鵬は慌てなかった。それが、千秋楽1敗に繋がった。

一方の朝青龍は、一時の豪快な強さというより、柔道でいうところの「柔よく剛を制す」相手の力を利用した変幻自在の技で対し、躊躇する相手には、積極的に出ていく応用力を身に付けていた。正直、序盤戦は「方八百」ではないかと(解決していなくうやむやになっているが朝青龍には八百長疑惑がある。というか、高砂部屋とか九重部屋とか出羽一門は八百長の巣窟なのは衆目の一致するところであるが…)思った程であるが、番数を取る内に、そうではなく、これが新しい朝青龍の相撲だと言うことが分かった。

本来、モンゴル相撲は技の考え方が相撲より柔道に近い。だが、日本に来るモンゴル力士は、どうしても体重がないと駄目なので瞬発力型の力士が多いが、考えてみれば、両横綱を筆頭に技は多彩である。

そして、千秋楽は、流石にそれを見破っていた白鵬はなんのためらいもなく、恐らく彼の相撲人生の中でも最高の立合いで、朝青龍を圧倒。思わず両力士から笑みがこぼれる程、鮮やかにけっして、土壇場で横綱が1敗で並んだ。

そして、決定戦は予想通り朝青龍は今度はまわしに拘った。正直、本割りで良すぎた白鵬が逆に考え過ぎてしまったが、この辺りは若さであろう。

平成の大鵬だと太鼓判をおしている白鵬は、順調なら大鵬の優勝記録を抜くと思うが、今場所の朝青龍を見ていると、彼にもその可能性があるかもしれないと期待する。

九州場所に、今度は白鵬が朝青龍の作った年間最多勝記録の更新に挑む。

それにしても大関陣を筆頭に下の力士は情けない。今場所は両横綱が万全でなくチャンスだったのに、確かに把留堵は5大関を破ったが横綱戦にはなんの工夫もなかった。本来、横綱にこそ色々奇策を使ったり、自分の技を試す恰好の相手で有るはずなのに、どの対戦相手にも、積極性も工夫も何も感じなかった。

場所前の総見で内舘委員は横綱の批判ばかりしたが、もうこれは、朝青龍への私怨みたいな物で冷静さに欠けた発言、審議会委員の資格なしと言ったところだが、横綱以外の消極性を指摘できなかったのも大きい。こういう形骸化された組織も変えて行かないと、大相撲は益々廃れていくのである。

前原国交相八ツ場ダム視察

鳩山総理が世界で注目の中、民主党が政権を取れば当然将来の総理候補である前原国交相が注目の八ツ場ダム視察と現地との懇談会に望んだ。

現地視察では、同じ地元でもダム建設反対派が取材陣と共に大臣一行の回りを囲む。言い方は悪いが、今回の補償でこれまでに余り恩恵を受けて無い人々で、こんな光景は日本中、何処にでも存在する。


かくいう私も身内が都市再開発という名の元に行われた地上げの一部始終を知っていて、彼等のやることは仲間割れへの誘因だ。結局、委員長迄やった私の身内は当初、余り良い目には会わなかったのだが、一転バブルが崩壊したために、初期の裏切り者は多大な固定資産を抱える事になったのと、その後の計画変更で、最後迄交渉のテーブルに残っていた者が、よくよく考えると一番良い条件だったかもしれない。

結局、視察後の懇談会には住民も参加したようだが、民主主義の世の中で、何か条件が無ければ交渉のテーブルに着かないというのなら、この制度の国に居る必要はないではないか。言葉は悪いがただの脅しである。

ダム建設地域の方々の心情は勿論良く分かる。だが、このマニュフェストを掲げた民主党が選挙に勝って政権交替したのだ。選挙公約にないことを無理矢理やろうとしているのではない。選挙公約を果たすために実践しているのだ。

又、地元民を代表しているような町長がボイコットを先導しているようだが、これこそ、古い体質と替わらない。こんな人間に先導されている地元民は不幸である。

しかも今回は知事も町長も原稿を読んでいるのに対して前原大臣はすべて自分の言葉で回答した。しかも冒頭には迷惑をかけていることに謝罪した。

これで世論も可なり動く。
ランニングコストを考えれば赤字、関係都県は負担金を返還されればオーケーだと言うところも既に出ていて、頼りになる世論が崩れたら賛成派に真意はない。
一日も早く民主主義国家の国民としてテーブルに着かないと、そのテーブルすら世論によって破壊されてしまうと思う。

それがこの国の国民性の歴史なのだから。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

やはりおかしいCS

季節柄、幾つかのプロスポーツがクライマックスに近づいているが、国民の認知がもっとも高いプロ野球もそのひとつ。しかし、どうも今年はその様相が変わっている。

両リーグ共、ペナントレースの覇者よりも、その後に控えている、クライマックスシリーズにどのチームが残るかに注目されていて、特に今年は楽天や阪神、ヤクルトという人気チームが対象だから余計にその度合いが高い。特に、セ・パ両リーグ共、1.2位のCS出場は決まっている。しかし、優勝へのマジックはまだ残っている訳で、本来の主役はペナント制覇の筈であろう。

しかも、ここで幾つか問題がある。
特にセリーグは、来週には巨人の1位が決まる。そうすると、勿論次の目標はCS制覇であり、そうなればペナントの残っているゲームは当然調整になる。すると3位争いをしている、阪神、ヤクルト、広島の中では巨人と残りゲームが一番多いところが最も有利とは言えないか。(阪神はすでに終わっている)同じことは中日にも言えるし、中日は先に3位チームと対戦するのだから余計にその傾向が強い。このことは、パ・リーグも同様だ。

もうひとつは、セ・リーグは、このまま三つ巴接戦で終了すると、勝率が5割を割ったチームにリーグの覇権が生じることになる。これは、いいかえれば、大相撲で7勝8敗の優勝力士が出るようなものである。

確かに、CSの導入で面白くなった面もあるが、本来は優勝がメインで、逆におかしな感じがする。また、マスメディアの力の入れ方も微妙で、野球に詳しくない方は、セは阪神、パは楽天が優勝するのではないかと思うんではないか?

酒井法子謝罪会見

18時30分から約10分館の会見。

ますは、深々と礼

サンミュージック相澤副社長が進行、会社として関係者にお詫び。

初公判前なので質疑応答はなしの確認。

ビクター三枝会長が同じく関係者にお詫び

酒井の目に涙。

弁護士から再度確認

本人の弁

自分の弱さ故に薬物に手をだした。自分の無責任な行動は許されるべきではない。このような罪を二度と犯さないことを誓う。

心を入れ替えやり直したい暖かい皆様の気持に感謝し、恩返しをして新しい一歩を踏み出したい。

この度は本当に申し訳ありませんでした。


ざっとこんな感じであるが出来すぎで、原稿を暗記して読んだという印象が強かった。要するに裁判の際の心証を良くするための会見にマスコミを巻き込んだのだが、おかしな話である。
酒井法子は確かにクリーンなイメージのある女優だったが、それはメディアが作った虚像。勿論それは酒井だけではない。だから、こんな茶番劇に付き合わされるのが、メディアの宿命なのであろう。

メディアが虚像でないというのなら、現実にいまでも芸能界に蔓延っている薬物使用の現状をスッぱぬいて欲しい。なぜなら、彼等は芸能界の一番近い所に存在しているのだから。

Appendix

プロフィール

turtoone

Author:turtoone
趣味
音楽鑑賞、映画鑑賞(ブログあり)、美術鑑賞、観光・探索(ブログあり)、歴史、文学、世相評論・スポーツ鑑賞(ブログあり)

影響受けた人々
音楽 バッハ、ブラームス、セロニアス・モンク、エリック・ドルフィー、イエス、ポリス
美術 ルノワール、ドガ、シャガール、おおた慶文
哲学 ニーチェ、ヘーゲル、ルソー、キルケゴール、中沢新一
文学 シェイクスピア、ヘッセ、トルストイ、ドフトエフスキー、夏目漱石、高村光太郎、吉川英治、司馬遼太郎、井上靖
その他 ルキノ・ビスコンティ、マーチン・スコセッシ、ダイエル・デイ=ルイス
 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。