Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前原国交相八ツ場ダム視察

鳩山総理が世界で注目の中、民主党が政権を取れば当然将来の総理候補である前原国交相が注目の八ツ場ダム視察と現地との懇談会に望んだ。

現地視察では、同じ地元でもダム建設反対派が取材陣と共に大臣一行の回りを囲む。言い方は悪いが、今回の補償でこれまでに余り恩恵を受けて無い人々で、こんな光景は日本中、何処にでも存在する。


かくいう私も身内が都市再開発という名の元に行われた地上げの一部始終を知っていて、彼等のやることは仲間割れへの誘因だ。結局、委員長迄やった私の身内は当初、余り良い目には会わなかったのだが、一転バブルが崩壊したために、初期の裏切り者は多大な固定資産を抱える事になったのと、その後の計画変更で、最後迄交渉のテーブルに残っていた者が、よくよく考えると一番良い条件だったかもしれない。

結局、視察後の懇談会には住民も参加したようだが、民主主義の世の中で、何か条件が無ければ交渉のテーブルに着かないというのなら、この制度の国に居る必要はないではないか。言葉は悪いがただの脅しである。

ダム建設地域の方々の心情は勿論良く分かる。だが、このマニュフェストを掲げた民主党が選挙に勝って政権交替したのだ。選挙公約にないことを無理矢理やろうとしているのではない。選挙公約を果たすために実践しているのだ。

又、地元民を代表しているような町長がボイコットを先導しているようだが、これこそ、古い体質と替わらない。こんな人間に先導されている地元民は不幸である。

しかも今回は知事も町長も原稿を読んでいるのに対して前原大臣はすべて自分の言葉で回答した。しかも冒頭には迷惑をかけていることに謝罪した。

これで世論も可なり動く。
ランニングコストを考えれば赤字、関係都県は負担金を返還されればオーケーだと言うところも既に出ていて、頼りになる世論が崩れたら賛成派に真意はない。
一日も早く民主主義国家の国民としてテーブルに着かないと、そのテーブルすら世論によって破壊されてしまうと思う。

それがこの国の国民性の歴史なのだから。
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

プロフィール

turtoone

Author:turtoone
趣味
音楽鑑賞、映画鑑賞(ブログあり)、美術鑑賞、観光・探索(ブログあり)、歴史、文学、世相評論・スポーツ鑑賞(ブログあり)

影響受けた人々
音楽 バッハ、ブラームス、セロニアス・モンク、エリック・ドルフィー、イエス、ポリス
美術 ルノワール、ドガ、シャガール、おおた慶文
哲学 ニーチェ、ヘーゲル、ルソー、キルケゴール、中沢新一
文学 シェイクスピア、ヘッセ、トルストイ、ドフトエフスキー、夏目漱石、高村光太郎、吉川英治、司馬遼太郎、井上靖
その他 ルキノ・ビスコンティ、マーチン・スコセッシ、ダイエル・デイ=ルイス
 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。